スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海イベ感想

上海イベントレポです。長いので続きからどうぞ。




前日の声優さん言えるかな?大会のお陰で30分しか寝れずに朝7時、友達の大学の寮を出る。バスの心地良い揺れと天気の良さでかなりウトウトしつつも何とか地下鉄に乗り換えてさらにバスに乗り継ぐ。
このバスに乗った時点でお仲間かな?と思える方がちらほらと。(笑)

午前8時50分頃、会場の大学に到着。今回は大学の中でもちゃんと屋内でした。
大学構内に入ったら見慣れた集団が前に。どこでも変わらない光景だなー。
          ガラガラのしゅうだんがあらわれた!       
ただ一つ日本と違うのは、セーラー服がコスプレであるということ。(中国の学校制服はジャージなので。日本の制服は憧れみたいですよ。)


前の集団と同じ方向に歩いていき、会場が見えてきた…と思ったら、何だかもうすごい人…!開場時間10時なのに!
       茶色い建物が会場です
このイベントは今回2回目なのですが、前回の時には3000人が集まり、本もあっという間に完売するようなイベントだったそうです。なので開場の1時間前には着くようにしたのですが、まだまだ甘い考えでした…。
とりあえず並ばないことには始まらない!ととりあえず最後尾に並んだのですが、その後30分くらいで更に倍の人数が並んでいました…。すごい人気だ…。

並んでいる間に雲雀さんレイヤーさんが列の後ろにいらっしゃいました…。屋外に並んでいるのにコスができるっておおらかだなぁ。おおらかっていうかまだ迷惑がられない規模なのかな。
日本にいる時は写真を撮りたくてもレイヤーさんに声をかけられないチキンでしたが、中国では旅の恥~ではないけれど、比較的多くの方に写真をお願いすることができました。(笑)  
その後獄寺君レイヤーさんもいて、テンションが垂直に上がってるのが自分でもわかるくらい嬉しかったです。テンパっていつも以上にこんがらがった中国語で写真撮らせてください!って頼んでしまいました。

獄レイヤーさんに写真を撮らせてもらった頃が開場時間だったのですが、列が全く動かない…。まだ開場整備が出来てないのかしら?なんて思いつつさらに待つこと1時間。ようやく列が動き出しましたが、5メートル程前進した所で停止。今回のイベントも人が多いので入場制限と入れ替えで進んでいくようでしたが、この時間で5メートルしか進まないって、入れるのいつになるんだろう…と若干不安になったり…。

その不安は大当たりで、入れたのは並んでから5時間後、午後2時でした…。
並んでる間は本当に暇を潰せる事が絵を描く事位しかなく、(充電が切れて音楽も聴けなかった)だからと言って立ちっぱなしで延々と絵が描けるわけでもなく、中々辛かったです…。その間ご飯も食べられなかったし。(というか食欲もなかった…)発行物もほとんど売り切れてるんだろうなぁ…。とどんどんネガティブ方向に頭が向かっていってて、発行物もないだろうにそれでも並んでる自分って何てMなんだろう…とか思ってました。(笑)
あまりにもひどい人だったからなのか、12時頃列全員にパンフが配られ、10元のはずだった入場料は取られませんでした。主催さん大丈夫だったのかな…。
だいぶ入口が近くになってきた頃にはもう戦利品なんて望まない!とりあえず会場に入ることをゴールにしよう!と開き直りの境地に達してました。


午後2時頃、やっと会場の中へ…!実はここでもう達成感でいっぱいでした…。(笑)自分よく待った!
それでも発行物が残っているサークルさんも多くて、諦めていた自分はすごく嬉しかったです。まだ残ってる!と分かった瞬間に速攻で狩るぞモードに変わりました。(笑)
事前に作っていたお買い物リスト(サークル配置図付き)を握りしめ、中身を見て少しでも良しと思えばすぐ買ってました。(まぁ中国のイベントでは元から買う、という事にすごく貪欲になってるんですが)この為に5時間並んだんだ…!という使命感(?)に燃えていた。

入口の近くに絶対購入対象の一つだったジェスネ本があったんですが、サークルに着いた瞬間に「これ下さい!」と言ったので、サークル主さんに大変驚かれました。(笑)ポスターも買って、先に買ってた人がサインしてもらったから自分もサインしてもらったよ。自分も日本でポタで活動してます、って言ってきました。やっぱりこんがらがってる中国語だったけど、ちゃんと伝わっていると良いな…!

もう一つの絶対購入対象予定だった山獄本はラスト3冊の所で買えました…ギリギリの所だった…!この本はもう売り切れてるだろうと思っていたので見つけた瞬間はすごい顔をしてただろうと思います。同じ作者さんの山獄ファイルとポストカードも3セットずつ買ったので、売り娘さんにまたびっくりした顔されました…。迷いもせずに何冊も買う人って、こちらではまだあまりいないのかしら…。(笑)
この本が買えたってだけで私は満たされたので、それ以降は割と冷静にイベントを見て回れたと思います。

ああそれから、奥側のリボーンサークルさん(このイベントでもジャンル分けはされてませんでした)に行った時に、美麗なスク様レイヤーさんがいらっしゃって本当感動しました…。日本を含めて、今まで見てきたレイヤーさんの中で一番だったと思う…。
身長が175センチ以上はあったので最初は男性がやられてるのかと思ったけれど、女の方でした。綺麗すぎて写真撮らせて下さいっていう時に声震えてたんだけど、すごく快く「どうぞv」って仰ってくれて、「ああスクなのに優しいとかすごすぎる…!」とかもう訳のわからない感動の仕方をしてたなぁ…。(笑)
写真で見ると普通のコスさんと変わらなく見えてしまうんだけれど、本っ当に美人だった…。疲れた頭で、真の上海ハニーだ…!とか訳のわからないこと思ってました…。
あの時のスク様、本当お綺麗でした…疲れた自分には大変な癒し効果でした有難うございました…!(深深)

そんなこんなで迷っていた物をもう一度回って決めよう…!と思っている時に入れ替えになってしまいました…。絶対買う!と決めていた物は(売り切れになってしまった物以外)買いましたが、会場で初めて見て迷ってた物は買えなかった物も多くて、ちょっと後悔です。中国の人が作ったミクのCD買っておけば良かったよ…。
会場から出る前に撮った会場内の写真。
        ムスカごっこができそうです


そんな感じで午後3時に会場を出ました。5時間並んで見れたのはたった1時間だったけれど、買ったー!!って気分に浸れてすごく気持ちよかったです。
その後会場の前庭で写真撮影をしているレイヤーさん達を観賞しつつ、入口の方向に戻って帰ろうと思ったら、まだ沢山の人が並んでいる…!
    入場口の前  午前10時に私ここら辺に並んでました、よ…? 
興味本位でどれくらいの人がまだ並んでいるんだろうと列を辿ってみたら、朝10時の段階でいた位の人数が並んでいてびっくりしました…。
閉場時間が5時だったんですが、これあと2時間弱で終わるんだろうか…?と心配になりつつ、会場を後にしました。疲れたけど楽しかったー!


本当はその後、上海のオタクな場所に寄ろうかなと思って色々と調べていたのですが、体力的にも時間的にも余裕がなくてそのまま駅に直行し、久しぶりなミスドで晩御飯を食べて、夜8時7分、天津行きの列車で帰りました。疲れてて8時半頃には意識飛ばしてた…。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

ゆとり

Author:ゆとり
現在は山獄に萌えて燃えてます。
腐女子だけどノマカプも大好き。
ヒバピン推しです。

最近のコメント
FC2カウンター
最近の記事
kitaca!
pixiv
ブログ内検索
リンク
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。